お客様本位の業務運営に関する方針

  1. 1. お客様の最善の利益の追求
    • 当社は、資産運用に携る企業としてお客様から信頼を頂く為に、運用に関わる高度な専門性と職業倫理を保持し、お客様に対して誠実・公正に業務を遂行し、お客様の利益を最優先します。
    • 具体的には、次項以降の取組みを通じ、これら業務運営が企業文化として定着するように取組みを継続します。
  2. 2.利益相反の適切な管理
    • 当社は、取引に於けるお客様との利益相反の可能性につき正確に調査・把握した上で、お預かりした資産の運用・管理について、「利益相反取引等の管理に関する方針」等に従い、利益相反を適切に管理します。
  3. 3.報酬等の明確化
    • 当社がお客様から受領する運用・管理に係る報酬等については、お客様に提供する運用・管理に係るサービスの質を維持・向上させ、かつ今後とも持続的に提供する為に、合理的に必要となる適切な運営経費等に基づき設定します。また、お客様にご負担いただく報酬等は、金融商品の募集・契約時に、分かりやすく明示の上でご説明します。
  4. 4. 重要な情報の分かりやすい提供
    • 当社は、お客様に対して、当社が取扱う金融商品の特性に合せた運用に係るリスクの説明や関連する重要な情報を、募集・契約時や運用開始後等に適切にかつ分かりやすく提供します。
  5. 5. お客様にふさわしいサービスの提供
    • 当社は、当社が取扱う金融商品の特性等を踏まえ、主要なお客様を適格機関投資家等と想定しており、個々のお客様のニーズの背景を把握・理解した上で、金融商品がそのニーズと合致するお客様に対し金融商品・サービスを提供します。
  6. 6. 役職員に対する適切な動機づけの枠組みや適切なガバナンス態勢等
    • 当社は、役職員の評価において、お客様の最善の利益を追求するための取組みを実践することに重点を置き、適切に評価、処遇します。また、役職員が運用に関わる高度な専門性と職業倫理を保持出来るように、研修制度等を整備します。
    • 内部統制の状況については、内部監査委員会が実施する内部監査による検証結果を取締役会に対し報告します。
    • 本方針に基づく業務運営に関する取組状況については、取締役会に報告するとともに定期的に見直しを行います。

2017年6月30日制定

Page Top